巡回サイトヘッドライン

【格闘技】元K-1佐竹雅昭が語る 格闘人生4度の“死の淵”と引退後

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/
K-1で活躍した元格闘家の佐竹雅昭さん(49)。現在はタレントとして活動するかたわら、京都で空手道場や討論や研修、運動を通じて心身を鍛える経営者向けの勉強会を運営するなど精力的に活動している。 格闘家引退後は、著書「まっすぐに蹴る」で告白したパンチドランカー気味の症状(認知機能障害の兆候)について、 “今も後遺症が残っている”“病院通いだ”と一部でウワサされたが……。 佐竹さんはあっけらかんとした様子でこう語る。 「実はパンチドランカーでも何でもありませんでした。ですがいつの間にか、まわりにパンチドランカー扱いされていました、ハハハ。 現役当時は医者に『(試合を)このまま続けていたら30歳でアルツハイマーになるよ』と忠告されましてね。 試合で脳が揺れ動いたりして、それで死の瀬戸際が4回あっただけですよ。 医者には『試合後は絶対安静にしてもらわないと困る。誰かに付き添ってもらって、あの世に逝かないように看てもらってください』とよく注意されました。 とくに、名古屋で試合したグレコ戦の後は危なかったです」 そう振り返るのは、1994年、後に“拳獣”の異名を誇ったオーストラリア人空手家サム・グレコとの一戦だ。 佐竹は強烈な右フックを受け、2ラウンド1分27秒でノックアウト。 このKO劇でグレコが鮮烈デビューを果たした裏で、佐竹さんは病院送りにされ、生死の境をさまよっていた。 格闘技ブームがピークに達するころには、佐竹さんの周囲はお金に群がる人間ばかりになっていたという。 「“お金を稼ぎたい”“有名になりたい”“女の子にモテたい”と思ってとにかく強くなりましたが、結果が伴わなくなると、次第にチヤホヤされなくなって。 お金でつき合っている人間がみんなサーッと引いていきましたよ。 正直、辛かったです。でも、すべては色んな雑念にとらわれた結果。自分のまいた種ですね」 ■趣味のフィギュアコレクションは“億超え” 引退後の2008年には、礼節を重んじる人間活塾「平成武師道」を創設し、365日、一日一社長に会うことを目的とした「社長数珠つなぎ」を敢行。 現在も月に1週間は京都に滞在し、経営者向けの勉強会のほか、社員研修や大企業の顧問を手がけている。 また、宗派の異なる西本願寺と東本願寺のお坊さんに「年に1回は顔を合わせる場を」と呼びかけ「無我の会」を立ち上げ。 いまや天台宗や曹洞宗など多くの宗派を含む約140人の大規模な交流会に成長させた。 「どんなにいがみ合っていても、そこは人間同士、酒を酌み交わせば仲良くなります。 空手界も、私も輪に入って2020年の東京オリンピックの競技種目に入るべく頑張っていますが、300近い流派が集まり、意見のぶつかり合いはしょっちゅうです。 お坊さんも空手家もケンカするのは一緒。皆同じ人間ですね」 13年の参院選に自民党候補として出馬し、あえなく落選。マスコミに3年後の再挑戦を語っていたが、現在の意気込みを聞くとトーンダウン。 「来年は出るかわかりません。必ずしも自分が選ばれる必要はありませんし、チャレンジするには時期尚早だと思っています。 格闘技もそうですが、政界でも海外の猛者と渡り合える絶対的なスターが少ないですね。そういうスターが現れてほしいです」 一方プライベートでは、サブカルチャー研究家として大量のフィギュアコレクションを所有。“怪獣王子”の異名を持つ佐竹さん、話し出すと止まらない。 「漫画は気に入ったタイトルが出たら大人買いします。ゲームも一時期、モンスターハンターを1時間睡眠で1日中プレイし続けて、カミさんに怒られました(笑い)。 フィギュアコレクションの数は……日本国内で3本の指に入ります。 価値がはね上がった分も考えると、(概算価値は)億を超えていると思いますね。 いや本当に、日本のホビー製品は誇るべき文化です。現に中野のフィギュアショップに外国人がよく来て、超合金やソフビを買い占め、海外に多く流出しています。 価値が認められているのに、日本人のほうがわかってないですよ」 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/162224 2015年7月30日 21d6e6e8c4c17e0a4ad84ddb0740810e20150729222335670 パンチドランカー説も浮上したが… https://www.youtube.com/watch?v=6znsjFGta64
Masaaki Satake Entrance Theme
2: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
政界はどうした
8: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
50にしては若いなぁ
9: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
メガストアのコラム面白かったよ 何か色んな事してるんだな 元気そうで何より
10: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
佐竹はなんか嫌いになれないな
13: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
ニコラス・ケイジとかティム・バートンも日本に来てフィギュア買い漁ってるらしいな
14: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
たけしの元気が出るテレビのレギュラーだったよね
15: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
八百長はしなかったの?
146: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>15 佐竹はガチの硬派だから、格闘仲間からもファンからも好かれてるよ
18: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
やっぱリングス参戦時が一番良かった 前田とロブカーマンとはやって欲しがった
22: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
実は喫煙者
136: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>22 桜庭も現役時代(今もプロレスやってるから現役か?)に、酒もタバコもやりますよ~、ってあっけらかんに話してた。
150: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>136 スポーツ選手はタバコをやらないって説はけっこう根強かったけど 格闘やサッカーの一流選手でもけっこう吸ってるって目撃談が多くて「な~んだ」って思った 漫画とかではタバコのせいで息が切れるぜ・・・ハァハァ みたいなセリフがあるけど、タバコ吸ってても戦えるんじゃんwwww
23: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
何だかんだ言ってひとつの世界で頂点だっただけあってバイタリティが凄いね!
29: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
佐竹の最後の試合が02年の大晦日だからもう13年経ってるんだな
93: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>29 吉田に速攻で首を極められた試合? もうそんなになるのか
30: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
ベルナルド戦は感動したよ 鳥肌立つぐらいに。 「当時」のベルナルドをあそこまで追い込んだのは凄いよ。
36: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
愛嬌あるからな人に好かれるだろうな
42: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
アンディフグとかに紛れて佐竹が出てたけど1回も勝つとこ見たことない
62: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
>>42 負けっぷりが良かったよな、すぐ痛そうな顔するし 四天王にボッコボコにされてた
78: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
佐竹のピークはK1が始まる少し前。 佐竹があと5歳若かったらK1で日本人が優勝していたかもな。
83: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
一時期タレントとして成功してたのに格闘家として復帰したのが間違いだったな
85: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
あの当時の繁栄を体現してる者としては まさかK-1というモノ自体が消滅するとは 夢にも思わなかったな・・・
86: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
参院選のときに有楽町で握手して写真撮らせて貰ったっけな それ以来好感持ってるから頑張って貰いたい
105: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
佐竹はヒジでの攻撃が強い選手だったからな。 K1でヒジ攻撃が禁止になってから全く勝てなくなった。
111: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
佐竹が自伝で、石井館長のことを【奴隷商人】呼ばわりしててワロタw 内定が決まってたけど、石井館長が「もし、うちに来てくれたら月にこれだけ(指を5本出して)出すぞ」って言われて、内定蹴っていざ石井のところに行ったら「月五万円」だった って書いてあったw(パチンコしてなんとか凌いだらしい) しかも、「自分とは絶対に組手をしませんでした」とか(この人は弱い)っていうニュアンスの事も書いてあったしw
127: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
佐竹は吉田とやる前にランペイジジャクソンにブン投げられて頭から落とされて 頚椎背骨を完全に傷めていて、顔面無し空手はできるがもう組み合う格闘技はできない 身体になっていて、プロレスの試合には出ていたがまったく組み合わないという 約束で緩い空手チョップの応酬みたいなことだけやっていた 吉田との試合は実質的に総合撤退引退試合で吉田にも佐竹が頚椎背骨がやられて いるからなるべく首は加減しろという要請が出ていたのに、吉田がすぐ佐竹の首を 捻ったので主催者が怒った
131: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
佐竹主演の映画「1・2の三四郎」笑ってしまうほどつまらなかった。
139: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
実力無いのに周りに無理やり押し上げられた感じ こいつってか周りに恵まれなかったな
158: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
タバコやめて上に登りつめた千代の富士もいるしな。それぞれだろうな
165: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/
第一回『筋肉バトル!スポーツマンNo.1決定戦』で佐竹は腕立て伏せを200回やり遂げたが、 佐竹の腕立て伏せが視聴者から疑惑をもたれ、現在の腕立て伏せレースではあごをきちんと つけないとカウントされないというルールになっている。 人気バラエティ番組『超天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にもレギュラーメンバーとして 出演していたが、後年ビートたけしからは『北野ファンクラブ』内で「ああいう奴が一番面白くない」 と酷評されていた。 正道会館時代、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』に何度か出演しているが、 現在発売されているDVD版では佐竹の登場シーンはほぼ削除されており、仕方なく顔が映るようなカットも 体格等で判別可能ではあるがすべてモザイク処理が施されて映らないようになっている。

引用元: ・【格闘技】元K-1佐竹雅昭が語る 格闘人生4度の“死の淵”と引退後

スポンサーリンク