巡回サイトヘッドライン

ウルトラマンシリーズの中で「ウルトラセブン」の存在感は異常

引用元タイトル

ウルトラマンシリーズの中で「ウルトラセブン」の存在感は異常

:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1467804231
img3dd8ad2ezik9zj
1ID:67RatKut0.net
1967年10月1日、子たちたちにニューヒーローが誕生した。その名は「ウルトラセブン」。 視聴率40%に迫る熱狂的な人気を誇った初代ウルトラマン。ゼットンに敗れ、人気絶頂で放映を終了した後、日本中から続編を期待する声が巻き起こった。だがその中で、制作陣は苦悩する。この先、どんなヒーロー像を描くべきなのか?、と。 世界に目を向ければ、ベトナム戦争が泥沼化、アメリカが掲げる“正義”という言葉には、暗い陰がさし始めていた。その中でテレビの中だけが、「悪い奴を倒す」という単純な正義を描くことができるのか? 時代が求めるリアルな“ヒーロー”とは何か? 制作者たちが生み出したのは、従来とは全く違う、異色のヒーロー。それがウルトラセブンだった。悩み、苦しみながら対話する正義の味方。時に「人間こそが侵略者ではないか?」と心をふるわせるドキュメンタリーのような世界観。人類普遍のテーマが込められたシリーズ屈指の名作ができ上がった。 ウルトラマンシリーズ半世紀の歴史に『セブン』あり その功績に迫る | ORICON STYLE
『ウルトラセブン』は、円谷プロダクションが制作した特撮テレビ番組(カラー)、またはその劇中に登場するヒーローの名称である。1967年(昭和42年)10月1日から1968年(昭和43年)9月8日までにTBS系で毎週日曜日19:00 – 19:30に全49話が放映された。 「ウルトラマンセブン」と呼ばれることがあるが、これは誤り。 何度も行われた再放送により、本作は『ウルトラマン』とともにウルトラシリーズを代表する高水準の作品として幅広く認知され、第2期ウルトラシリーズの誕生や1970年代末期の国産特撮ヒーローの再評価に、大きく貢献することになる。また、主人公での出演ではないが、『帰ってきたウルトラマン』に始まる第2期ウルトラシリーズや『ウルトラマンメビウス』とほかのウルトラシリーズでの共演により、セブンを本放送終了後の世代に伝えることに成功した。 過去の円谷プロ作品をデジタル修復してDVD化する「デジタルウルトラシリーズ」にて前2作品を差し置いて第1弾作品に選ばれたほか、本放送終了から50年近く経過している現在でも、CS放送や地上波再放送が頻繁に行われている。 ウルトラセブン - Wikipedia
9ID:5Ard1IDPO.net
アイスラッガーかっこ良いよね
11ID:igW5CtKvO.net
大事なウルトラアイを盗まれたり、忘れてきちゃう うっかりさん
雪の中でウルトラアイを見つけたモロボシ・ダン隊員

雪の中でウルトラアイを見つけたモロボシ・ダン隊員

12ID:Sd5xhN/L0.net
なんでセブンだけウルトラマンセブンじゃなくウルトラセブンなの
22ID:NkMabI1i0.net
>>12 マジレスすると、ウルトラセブンにマンが付かないのではなく、ウルトラマンエース以降マンが付いてしまった。
25ID:nmm9/NPF0.net
>>12 語呂が悪いからだろうけど「ウルトラ警備隊第7のメンバー」という意味も込められてるから…。
149ID:SIpvUF3C0.net
>>12 ウルトラQ ウルトラマン キャプテンウルトラに次ぐウルトラシリーズだから。
247ID:XyPQR6f30.net
>>12 名前の由来がセブンだけ他のウルトラ戦士と違うからウルトラ警備隊(地球防衛軍)の7人目の隊員という意味で地球人が勝手に名前をつけた当時は恒星観測員○○号というのがウルトラの国での通称 例えばタロウは父と母が正式に付けた名前 名前が似てたのは偶然の一致だっただけ 当時の地球防衛軍がMATだったらMAT7だったかもしれない
39ID:y5/3FWcF0.net
>>12 ウルトラシリーズでウルトラエースにしようとしたら商標とられてたからウルトラマンエースになって以後ウルトラマンシリーズ ウルトラエースの名残は歌に残ってるね
135ID:+7tRx1DQ0.net
>>39 ウルトラエースは、ウルトラQの挿入歌「ウルトラマーチ」の歌詞で使われたのが先だったけど 歌詞の一部だったから商標も取ってなくて、ソフビメーカーのマルサンに取られたという なんとも情け無い
43ID:3x9T4nis0.net
>>12 マン家じゃない他人と聞いたがガセかな?てか、他人だからトサカが作りもんなのかね?
47ID:nmm9/NPF0.net
>>43 ウルトラ兄弟とは言うものの、タロウはウルトラの父とウルトラの母の実子、ゼロはセブンの実子、あとは皆他人。
14ID:RPEbE34E0.net
どの回か忘れたが団と未亡人がメロドラマみたいになるのがある
64ID:25Ygw5NW0.net
>>14 アンヌが着物姿の未亡人として宇宙人育ててるやつだろ あれもセブンの息子じゃないかとか言われてたな
51ID:T2ys216Z0.net
>>14 それって、レオで、モロボシ隊長とゲスト出演のアンヌの話じゃない? 「ウルトラマンレオ」第29話「運命の再会!ダンとアンヌ」 あしたはきっとやってくるさ!/ウェブリブログ 122864361522316120745_L2907
61ID:nmm9/NPF0.net
>>51 レオでのダン隊長のおっかなさに心底震えながら、 同時にセブンの再放送を見てダンのいい人っぷりに 混乱してた少年時代…。
15ID:RhQINScJ0.net
110ID:reJ2EVNr0.net
>>15 当時の最先端技術なん?
159ID:18KaG/YU0.net
>>15 この変身のシーンはワクワクする
155ID:e+meXTOf0.net
>>15 その変身シーンの音は 布を高速に擦った音らしいな。
19ID:d6wG8VV20.net
怪獣より宇宙人的なのが多かったしね 映像も独特だったし 一番好きだわ
20ID:nmm9/NPF0.net
「私が愛したウルトラセブン」をもう一回見たい
『私が愛したウルトラセブン』(わたしがあいしたウルトラセブン)は、1993年2月13日と2月20日にNHKの「土曜ドラマ」(20時から90分枠)で放送されたドラマ。実際に特撮番組『ウルトラセブン』に脚本家として参加した市川森一が、アンヌを主役とし、ドラマ構成のために導入したフィクションを交えて『セブン』の撮影秘話と、出演者や制作スタッフの青春群像を描いた。 2011年12月10日に亡くなった市川森一への追悼番組として、2011年12月31日と2012年1月7日にNHK BSプレミアムで再放送された。 私が愛したウルトラセブン - Wikipedia
151ID:6+rVRPXb0.net
>>20 懐かしいw 上原正三役の仲村トオルと金城哲夫役の佐野史郎がかっこよかったし 原作者の市川森一役の香川照之が三枚目でいい味出してたな。 あと田村英里子がとにかく可愛かったw
26ID:37AE4M+S0.net
セブンのあとアンヌ隊員がエロい映画で脱ぎまくってたな
217ID:r5LAmKaE0.net
>>26 耳塞いでた認めなかった
27ID:b4ROZTuq0.net
ドラマを見たこと一度もないけど SFCの格闘ゲームにおまけでついてたあらすじ読んで 意外と深い話なんだなと子供心に感心してた思い出
29ID:37AE4M+S0.net
ダウンタウン松本がメトロン星人の回を絶賛してたな image.08seven01
34ID:D+J07+wR0.net
今でも藤沢の店に行くとモロボシダンに会えてサインと写真を貰えるんだよなー 年取っててもカッコいいわ
森次 晃嗣(もりつぐ こうじ、1943年3月15日 – )は、日本の俳優。本名、森次 浩三(もりつぐ こうぞう)。北海道滝川市出身。オスカープロモーション所属。 身長176cm、体重75kg。高校卒業後に上京。様々なアルバイトやモデル活動をしながら俳優を目指し、1965年テレビドラマ『青春をぶっつけろ』でデビュー。1967年には『ウルトラセブン』のモロボシ・ダン役でブレイク。その後、現代劇から時代劇まで、テレビ作品、映画などに幅広く出演した。 現在は俳優業の傍ら、神奈川県藤沢市鵠沼海岸でカフェレストラン「JOLI CHAPEAU (ジョリー・シャポー)」を経営しており、店にいる時には自らシェフとしてハヤシライスを調理している。店内ではウルトラアイなどのウルトラセブングッズの販売や、定期イベントとしてジャズ・シャンソンのライブや、ウルトラ関連のファンミーテイング等も行われている。 森次晃嗣 - Wikipedia
36ID:n7qjRUKQ0.net
アイスラッガー考えたやつは、一体どんな思考回路してんのか
57ID:aazonJP70.net
>>36 決め技のギミックとしてすこぶる明快で子どもが真似しやすかった 通学帽のつばをアイスラッガーに見立ててぶつけ合ったもんよw
42ID:Vac0LSfD0.net
適度に重い話があっていいよな。
44ID:YSHgTJxN0.net
キリヤマ隊長の邪悪な笑い(´・ω・`)
46ID:3+LcdSmf0.net
ウルトラセブンXもいいよな
『ULTRASEVEN X』(ウルトラセブン エックス)は、円谷プロダクションが製作し、2007年10月5日から2007年12月21日までCBC・TBS系列で放送された全12話の特撮テレビドラマ、およびその劇中に登場する変身ヒーローの名称。『セブン』は過去に、直接的な続編の『平成ウルトラセブン』が製作されたが、本作は新しい世界観での作品となる。企画はセブン好きを公言する八木毅の主導で行われ、彼は本作のメイン監督とシリーズ構成も務めた[2]。ただし、公式サイトには当初から「オリジナルのウルトラセブンとSEVEN Xの関係こそが全話を貫く最大の謎」という記述がされており、それは最終話にて明かされた。 深夜特撮らしく「ホラー」「怪奇」がメインとなっており、初期ウルトラシリーズで描かれていた「人間に寄生や擬態するエイリアン」、「人間社会に溶け込み、暗躍するエイリアン」がメインであるが、「人間自身がエイリアンの起こす事件の原因に関与している」という過去のウルトラシリーズとは異なる部分がある。また、SEVEN Xとエイリアンとの戦いがメインではなく、「エイリアンが起こす怪事件や殺人を組織が捜査し、その事件の首謀者であるエイリアンをSEVEN Xが倒す」という構図がメインとなっている。平成ウルトラシリーズとしては珍しく、エイリアンが起こす事件で死者が出たり、数シーンであるが流血がある。 200806L ULTRASEVEN X - Wikipedia
49ID:nmm9/NPF0.net
>>46 アレは意外と面白かった
53ID:9az3i8lr0.net
セブンが無ければただの子供向け特撮って位置づけだった。
56ID:UqQ4ZZYW0.net
いい年になって、あらためてノンマルトの使者を観て鳥肌立ったこれ以上の問題提起はない 我々は皆侵略者なのだ そしてそんな侵略者の平和を我々は自分の意思で維持し続けるのだ と地球防衛軍に決意させる そして先住民の虐殺を敢行 異星人であるウルトラセブンの胸中は?ってな内容ここまでやったら、お気楽ガキ路線以外、後続かないよねぇ
現代の人類の登場以前に地球で栄えていたが、彼らの侵略により海底へ住処を追われた知的生命体。性格は好戦的でなく戦闘能力も高くないが、レーザー銃を武器にしている。海底で平和に暮らしていたノンマルトは、海底にまで人類の魔の手(開発)が伸びてきたことを悟り、海底開発中だったシーホース号を爆破すると、イギリスの原子力潜水艦グローリア号を奪取して地上を攻撃し、さらに怪獣ガイロスを使って船舶を襲わせる。ノンマルトの「人間は侵略者」という言い分と人類側の海洋開発とは相容れず、ガイロスをウルトラセブンに倒されたのちウルトラ警備隊の反撃に遭い、グローリア号とノンマルトの海底都市は破壊される。 ウルトラセブンや歴代ウルトラ戦士たちの故郷であるM78星雲では、地球人のことを「ノンマルト」と呼ぶ。ただし、これが文字通り「ノンマルト」のことを指すのか「現代の人類」のことを指すのかは、劇中では謎のまま終わる。 劇中、ダンやアンヌに真市という少年がノンマルトの動向を幾度か警告するが、真市は2年前に海で事故死しており、2人の前に現れたのが何者であったのかは明確にされていない。 o0320041812700177550 ノンマルト - Wikipedia
58ID:25Ygw5NW0.net
アンドロイド0指令は地味に怖かったし、侵略計画としてもけっこう有効な気がする ひとりぼっちの地球人とか第四惑星の悪夢も画がやたら格好良いんだよな ウルトラセブン第9話「アンドロイド0(ゼロ)指令」 ( ドラマ番組 ) – りんごのブログ園 – Yahoo!ブログ
60ID:gccfdhtj0.net
登場する建物が未来のビルのような感じが多かった。
220ID:Utjh0pb90.net
>>60 マンセブンははじめから海外進出前提でつくってたので舞台を近未来・無国籍に設定しとる。 あの独特な、いかにもSF的世界は多分に意図してつくられてる。 逆に帰りマン以降は国内ターゲットだから今見ると時代感がすごい。ドキュメンタリー記録映像みたいに見える
62ID:gUN1KS/R0.net
キングジョーも怖かったし初代のバルタン星人も怖かったわ 帰ってきたウルトラマンからは怖さがなくなっちゃった
63ID:op6yYGKJ0.net
カプセル怪獣のせいかヤッターマンと思い出が被ってる
65ID:7mCnBndy0.net
家系図マダー?
67ID:8JolWI8S0.net
>>65 へい、お待ち! f1d63e5ce3c43f3372502c2374801ab4
73ID:7e8ROQAD0.net
>>1 でもセブンというかダンのスタンス自体は一貫して人間側だったよな。初代ウルトラマンは実相寺(というか佐々木守)作品だと非情の怪獣ハンター みたくなったが、そういうブレはなかった。
78ID:/aHZFEmH0.net
ブレずにあの路線で作り通せたからこそ未だに人気があるんだろう 今の世だったら途中で路線変更して、思い切り子供路線に行って結局駄作扱い
76ID:xtCwqgR+0.net
ペガッサ星人の回あれ深いわ
宇宙有数の高度な科学技術を有しているが、故郷のペガッサ星は惑星の風化作用により荒廃したため、故郷を見限ったペガッサ星人たちは宇宙空間に巨大な都市ペガッサシティ(劇中ではペガッサ市と呼称)を作り上げた。ペガッサシティは地球の8万倍もの密度を持つ物質で構成されており、自己動力で運行すると共に空気や水も含めてあらゆる物が工場で人工的に作られている。 動力系統が故障したペガッサシティと地球の衝突を防ぐため、地球の軌道を一時変更するように要求する。要求が受け入れられない場合に地球を破壊する任務を帯びた個体が秘かに地球に来ていたが事故で負傷し、「ダーク・ゾーン」と呼ばれる小型の暗黒空間をまとってアンヌの部屋に潜む。当初は正体を明かそうとせず、影の状態でペガッサシティの素晴らしさを他人事のように語り、ダンやアンヌと仲良く談笑するまでになるが、地球の軌道変更が不可能と知ると、正体を現して事前に用意していた爆弾で前述の任務に移行する。その際、アンヌにダンと共に地球から逃げるように告げるが、駆けつけたダンからペガッサシティが地球防衛軍によって破壊されたことを知らされ、復讐を誓う。ウルトラセブンとの戦いではペガッサガンを放つがかわされ、アイスラッガーを額に受けて闇の中へ走り去り、消息不明となる。残された爆弾はセブンによって運び去られ、爆破される。pegassa-annu ペガッサ星人 - Wikipedia
80ID:/eIm6Es30.net
セブンは他のウルトラマン達と違って セブン自身が人間(モロボシ)に化けているだけなのに 小道具が無いと変身出来ないのは何でなんだぜ?
123ID:umevoj+V0.net
>>80 矯正下着を付けてるけど道具を使わないと自分では外せないみたいな感じ
82ID:f3GMgcdt0.net
セブンだけカラータイマーねーしとさか投げ飛ばして アイスガッラーとかいう技あるし 無印マンがカレー食いながら変身しようとしてスプーンを間違えてかざすってのがあったが アイスラッガーを企画の段階では受け損なって頭に刺さるっていうのを 実際にやる段になったら怪我したらどうやって回復するんだ?って話でせっかくの おもしろいネタがそこで途切れてしまい結局お蔵入りになったとか
225ID:Ey9XEehm0.net
>>82 カレー食いながらのは子供ながら爆笑だったわw
86ID:R3BVEcVs0.net
ワイドショットをもっと使えばいいのにな。エメリウム光線弱すぎ。 クリップボード
109ID:VgE24bSo0.net
>>86 アイロス星人戦以降はだいたい毎回使ってただろ。
163ID:+7tRx1DQ0.net
>>86 ワイドショットって強力すぎて、セブンの腕も痛めてしまうから多用できないってのを 大百科あたりで読んだことあるが、今の公式設定になってるかは知らん
242ID:8/+MC1wr0.net
>>163 初出は対アイロスだが、めっちゃ集中して放ってる。
172ID:GX40Lh1V0.net
>>163 それはたしか 全エネルギーの70%を消耗するから多用できない ってんじゃなかった?
179ID:+7tRx1DQ0.net
>>172 そんな設定もあるんか メビウスで設定が整理されるまでは、大百科や児童誌とかが勝手に作った設定も多かったからなあ
93ID:4Flcd8fW0.net
ウルトラセブンのデザインの変遷 最初
97ID:nmm9/NPF0.net
>>93 初期のデザインはゾアノイドみたいw
94ID:FTH3/uqp0.net
円谷プロってあんだけ版権やらもってるのになんで大手になってないの? 監督とかがかつしんみたいに誰でもおごっちゃうような豪快な人なの?
117ID:30Vr1tsf0.net
>>94 ライダーと比べてグッズが少ないし、そもそも円谷プロが商売ベタってのがある
99ID:0tRHxwAW0.net
オープニングの影絵セブンが走ってるような謎のポーズ。 hqdefault
124ID:dGfh6Tpp0.net
>>99 あの影絵めちゃくちゃ好き
125ID:iEmSFdWo0.net
子供の頃は気がつかなかったけど、バド星人の回に出てる外人妻が いま見るとエロ過ぎてビックリしたw
126ID:OnHoycK80.net
アンヌ隊員の妖艶な存在感がもはや子供向きではない HBFiV 4004b6cc1ff50765520da09e53d48547
127ID:XTL/Pt0Z0.net
桐山隊長、32歳。 40中盤の俺より年上に見える、安定した大人の男。さすが隊長! 992d214a6ab02deb
130ID:bSq7hFDq0.net
主流って言うと元祖とセブンとタロウなんだろうけど エースって何かプレミア感あったよな
133ID:pwkUWqvj0.net
アンヌ隊員の人の若い頃はヤバ過ぎる 俺が知る限り、最も美人の日本人かもしれん
136ID:+K3dDFfu0.net
これのカプセル怪獣がポケモンの原案だったらしいな
138ID:tbkG73Wa0.net
セブンはメカデザインが秀逸だったなぁ。 いま見てもカッコいいと思う。
139ID:FYjsW0EF0.net
ウルトラセブンといえばウルトラ・アイを装着して徐々にセブンへ変化していく変身シーンが有名だが モロボシ・ダン役の森次晃嗣氏はあの変身シーンが嫌いだったという なぜなら顔の上半分がセブンに変化した時豚鼻に見えてしまうからだ
143ID:MrsfzWsx0.net
恐竜戦車の謎っぷり ちゃぶ台をはさんで対話するメトロン星人 特に活躍しないカプセル怪獣
168ID:lC3rHZhe0.net
メトロン星人とちゃぶ台を挟んで会話するシーンは笑えたな 20110809001135928
146ID:6xMkhkqk0.net
>>143 恐竜戦車の初見のインパクトは凄い 2
153ID:b/ZLLFLD0.net
今見てもセブンだけ何とも言えない独特の空気感がある
166ID:dpFsGt6v0.net
兄弟の設定はタロウのころからの後付け。 マンもセブンもたくさんいる同じ星の宇宙人の1人。 最終回1つ前で帰って来いと説得する別のセブンが出てきた。
170ID:4qWjfM1j0.net
予算がない分特撮ではなくドラマや演出に力を入れたので大人の鑑賞に耐えて異彩を放ってたな。どこか陰もあって。
177ID:dpFsGt6v0.net
キリヤマ隊長はセブンのあと水戸黄門でよく悪代官で出演していて これがまた似合うから大好きだった。 ダンも銭形平次に出ていてよく見たよ。
178ID:ztJcOBLj0.net
セブンはセブン ダンはダン 地球での活動の為に瀕死のダンに憑依して生きながらえさせた
214ID:7e8ROQAD0.net
>>178 いや、セブン=ダンだろ。 命がけで仲間助けた人間に感銘受けてそっくりさんになっただけで。
197ID:60pJb2JS0.net
ウルトラセブンの作中設定年代は1987年である、ということを知っている人ってどのくらいいるんだろう? ・・・まあ作ってる方も半分以上忘れてるんだから、だれも知らないのも仕方ないけど。
8ID:6Ohe2ED60.net
スペル星人の何が問題なのか未だに解らん
スペル星人が登場する『ウルトラセブン』第12話「遊星より愛をこめて」は現在欠番扱いとなっており、日本国内では1970年以降一切再放送されておらず、映像ソフトにも収録されていない。 第12話の内容 宇宙のどこかで大爆発が起きた。ウルトラホーク2号で宇宙パトロール中だったソガ隊員とアマギ隊員は、若干大量の放射能を検出する。 一方、東京では若い女性が突然昏倒し、やがて死亡する事件が多発する。分析の結果、彼女たちは白血球が急に欠乏する「原爆病」に似た症状を発していたうえ、地球に存在しない金属でできたメーカー名もネームも無い謎の腕時計を所持していた。 2つの「線」は、やがてアンヌ隊員の旧友・山辺早苗と彼女の恋人・佐竹三郎で交差する。佐竹が早苗に贈った腕時計には、人間の血液を奪う機能があった。そして、佐竹は地球人の血液を奪いに来たという本性を現し、スペル星人の放射能に冒された異形の姿をさらけ出す。 スペル星人 - Wikipedia
186ID:whUDdBHm0.net
>>8 本編にはなにも問題無かったけど、図鑑の二つ名が悪かった。 悪かったって言っても、運が悪かったみたいなもんだけどな。
212ID:+cO1Dg6r0.net
>>8 被爆者差別だと訴えた活動家親子がいたのよ。
欠番までの経緯 第12話は1967年12月17日に本放送が行われた。本放送時および何度か行われた再放送時においても問題視する反響は何も無かった。再放送でも、通常通りの放送スケジュールに組み込まれて放送され、また、関連商品も発売され、各種イベントにも着ぐるみが度々登場していた。しかし1970年10月に発行された、小学館の『小学二年生』11月号の付録にあった「かいじゅうけっせんカード」に、「スペル星人」の説明として「ひばくせい人」という記述があった。このカードを見た女子中学生が、フリージャーナリストであり東京都原爆被害者団体協議会の専門委員でもあった父・中島龍興(筆名・中島竜美)に相談し、父親は『小学二年生』編集部に抗議文を送った。このことを、円谷プロ側の正式回答を待たずに朝日新聞が「被爆者を怪獣扱い」と報道したため、抗議運動は短期間のうちに広島・長崎の被団協などにも拡大した。他の新聞社なども同様に抗議団体の主張のみを大きく取り上げた記事を記載したので、抗議行動は全国的規模に拡がった。 抗議を受けた円谷プロは、1970年10月21日付けで謝罪の意を表し、スペル星人に関する資料を公開しないこととした。また、小学館をはじめとする各出版社も、スペル星人を扱わないことにした。この取り決めにより、第12話は自主的に封印されることとなった。 img_0(2) スペル星人 - Wikipedia
189ID:Utjh0pb90.net
>>8 「差別を受けた者の悲しみは差別を受けた者しかわからない」 脚本家自身がそう言って12話については多くは語らない。 セブン自体がまさにそういうテーマを扱ってる以上、多少理不尽でも受け入れざるを得ない。 差別ってのはそのくらい重い問題だ、と俺は12話問題については解釈してる。
207ID:Br7HpQ8t0.net
>>189 でも、文句言ってるのって被○者じゃなくて被○者を守ろうって会の非爆者だったんだよね?
239ID:Utjh0pb90.net
>>207 だから理不尽なんだよ。 でも自分たちが正しいと思ってることが立場が違えば必ずしも正しくない、 ってまさにセブンのテーマそのものなんだよね。 どっちが被害者かわかんないんだよ12話に関しては。
227ID:ALQ8CIrg0.net
スペル星人は図鑑がつけた「被曝星人」って二つ名だけがいけなかったかのように言われてるけど 本編自体「放射能汚染された星からやってきた白血病の宇宙人が地球人の血液を奪いに来る話」なんで 当事者の目に触れたら普通にアウトですわ
251ID:cV2ARz+S0.net
レオの時は変身出来なくてウルトラ念力しか使えなかったけど、セブンに変身出来たらもっと面白くなってたと子供ながらいつも感じていた。
スポンサーリンク

『ウルトラマンシリーズの中で「ウルトラセブン」の存在感は異常』へのコメント

  1. 名前:やめろ!今度こそ本当に 投稿日:2016/07/07(木) 13:18:12 ID:2d2f1f73a 返信

    「ひばく怪獣」な。団体は娘と両親の
    3名(苦笑)。