巡回サイトヘッドライン

割とマジでこういう大仏ってどうやって作ったんだ?

引用元タイトル

割とマジでこういう大仏ってどうやって作ったんだ?

:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1466170349

1 ID:ErrnLgYq0.net

news4vip_1466170349_101.jpg

建築は部材を組み上げてつくるからデカイのはわかるけどこれはどうつくってんの?

25 ID:pvIN0IQsd.net

ありったけのニートを強制労働させたらしい
24 ID:/SXSJbbix.net

めっちゃデカい人の石膏とった
20 ID:rsXJFQJ+0.net

引っ張って持ち上げただけだぞ
6 ID:w4tJ7Dwe0.net

普通に土台組んで登ってってだけだろ
8 ID:2E8grdgW0.net

普通にあぐらかいたの作って立ってもらっただけだろ
11 ID:ErrnLgYq0.net

>>8
それにしてもデカイだろ
9 ID:5fgyqez+d.net

大仏の錬金術士がパンっとして作ったよ
10 ID:GmGL+PrA0.net

ちっちゃいの作ってから成長させた
14 ID:2uciM1H8d.net

牛久大仏は23歳
これ豆な
15 ID:uTmfiEFqa.net

上から流し込むだけで中身は空洞とかだったような
16 ID:PHFy7LSX0.net

ほれ

news4vip_1466170349_1601.jpg

21 ID:ErrnLgYq0.net

>>16
これみると大仏も建物じゃあねえか
23 ID:ac8v5LS40.net

>>21
中入れるよ
17 ID:ac8v5LS40.net

牛久大仏(うしくだいぶつ、正式名称:牛久阿弥陀大佛)は、日本の茨城県牛久市にあるブロンズ(青銅)製大仏立像で、全高120m(像高100m、台座20m)あり、立像の高さは世界で3番目だが、ブロンズ立像としては世界最大。浄土真宗東本願寺派本山東本願寺によって造られた。
施工は川田工業による。建築にあたっては主に高層ビルで用いられるカーテンウォール工法が採用された。
まず中央に、大仏全体の重量を支える役割を果たす鉄骨の主架構を組み上げる。次に、主幹の役割を果たすこの鉄骨の周囲に、枝を生やすように、あらかじめ地上で作っておいたブロックを組み合わせていく。
高さ100mの仏像本体は20段の輪切り状に分割して設計されており、さらにそれぞれの輪切りが平均17個のブロックに分割されている。加えて、各ブロックは平均1.5m四方の青銅製の板金を9枚程度並べて溶接し、下地となる鉄骨と組み合わせることで作成された。この下地鉄骨が、複雑な形状をとりながら主架構と青銅板との間を繋ぎ、樹木でいうところの「枝」に相当する役割を果たしている。
仏像表面の青銅板は葉のように浮いているだけであり、巨大な質量を支える必要がないため、6mm程度の厚みしかない。これは、銅板で全体の重量を支える奈良の大仏などとの大きな違いである。
特に形状が複雑な両手部分についても、別に地上で組み上げ、巨大クレーンを用いて吊り上げられた。

牛久大仏 - Wikipedia

↑書いてあるよ

22 ID:C2bGjv4uK.net

パーツ組み合わせるプラモデルみたいなもんか
40 ID:PHFy7LSX0.net

牛久大仏の中は土足厳禁
コレ豆

大仏に登った後は裏のリス園で癒されるのがオススメ

スポンサーリンク